Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府、障害者個人情報入りSDカードの外部流出問題で関係者を処分

大阪府で重度障害者の個人情報など含むメモリカードが外部に流出し、匿名の差出人から郵送された問題で、府は関係者の処分を行った。

個人情報流出が判明したのは、「重度障がい者介護手当受給者台帳」4521人分、「重度障がい者特例支援事業受給者台帳」371人分のほか、障害者ケアマネジメント関係研修の受講者や講師6132人分のデータ。8月24日に匿名の差出人から大阪府障がい福祉室へデータを記録したSDカードが郵送されて発覚した。

府では、カードを紛失した職員や障がい福祉室地域生活支援課に2008年4月1日以降在籍していた職員32人に対し、のべ42回の事情聴取を実施。バックアップに用いたデータを職員が異動の際、個人情報を削除せずに無断でSDカードを持ち出していたことが判明する一方、同職員の記憶が曖昧で、詳しい経緯はわかっていない。

府では紛失した職員に対し減給10分の1、1カ月の懲戒処分とし、監督責任者の1人に訓告、2人に厳重注意処分を行った。また再発防止策として、USB接続の外部記憶装置へ書込みを原則禁止とする対策を実施したという。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
住民の課税情報を業務外で閲覧、職員を処分 - 印西市
雇用促進支援金の申請書類が所在不明に - 大阪府
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市