Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、セキュリティ機器の監視サービスに参入 - オンラインゲーム会社などへ展開

アンラボは、ネットワークセキュリティ機器などの監視やレポート提供を行う新サービスの提供を開始する。販売対象としては、オンラインゲーム会社、データセンターの利用者、中堅や中小企業などを中心に展開する予定。

今回開始する「アンラボマネージドセキュリティサービス」は、セキュリティ機器やサーバをリアルタイムに監視し、レポートを提供するサービス。ウイルス対策ソフト「V3 Internet Security」を初年度分標準添付している。

24時間体制で監視する「Security Operation Center」と、インシデント発生時にリモートやオンサイトによる復旧作業などを行うSWATチーム、脅威に対してエンジンとシグネチャを提供する「AhnLab Security E-Response Center」などが連携してサービスを提供する。

監視対象サービスとして、まずはファイアウォールやIDS/IPSの運用監視サービスを開始し、今後はDDoS監視サービスやウェブ脆弱性診断サービスなどへ順次拡大するほか、対象機器のメーカーについても今後拡充していく。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション