Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援研修受講試験の申込書13件を紛失 - 埼玉県社会福祉協議会

埼玉県社会福祉協議会が、介護支援専門員実務研修受講試験の申込書13人分を紛失したことがわかった。

10月25日に実施する予定の試験に関する申込書13件が所在不明となっているもの。9月17日に同協議会職員が申込書を確認したところ、書留の受付数は6188件だったが、申込書は6175件で、書留の受付数と申込書の件数が一致しないことが判明した。

申込書の審査は、担当者のみ入室できる専用の部屋で行われており、持ち出しの禁止や清掃業者の入室なども禁止していたという。またデータ入力における業者への受け渡しなどにおいても件数を確認して実施していた。

同協議会では、原因の調査を進めるほか、書留記録などから13人を特定しており、謝罪した上で書類の再提出を依頼する。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀