Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学院の入試問題が管理不備で試験前に流出 - 東京理科大

東京理科大学において、大学院の試験問題が事前に流出していたことがわかった。同大では、再試験を実施し、流出の原因となった関係者の処分などを検討している。

流出が判明したのは、8月2日に実施された大学院理工学研究科土木工学専攻修士課程の一般入試の問題。教員が専門科目の試験問題を取り扱った共有PC上から流出したと見られている。

同大学研究科は8月7日に学長へ事態を報告。同大では対象となる試験を無効とし、9月13日に再試験を実施した。また学内に諮問委員会を設置し、関係者の処分および再発防止策について検討している。

(Security NEXT - 2009/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大