Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載されたメールを誤って研究機関へ送信 - 総務省

総務省は、関係者2人の個人情報が本文に記載されたメールを、4つの研究機関に対し誤って送信したことを公表した。

同省によれば、信越総合通信局が9月2日17時半過ぎに、関係者2人の氏名など個人情報が本文に記載されたメールを、第三者である4つの研究機関に対し送信したもの。

同局では事故判明後、関係者に説明と謝罪を行った。またメールを受け取った研究機関に対し、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大