Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育日誌や職員住所録をショッピングセンターに置き忘れ - 北九州市

北九州市の沢見あやめのもり保育所に勤務する保育士が、乳児の保育日誌や職員住所録など、個人情報含む書類を鞄ごとショッピングセンターに置き忘れ、紛失していたことがわかった。

同市より保育所の運営を委託されている北九州市福祉事業団によれば、紛失した鞄には、乳児4人分の氏名、生年月日、保育内容が記載された保育日誌や、児童2人の氏名と生年月日が記載された誕生表のほか、2009年度の職員住所録などが入っていた。

8月28日、勤務終了後ショッピングセンターで買い物をした際、書類の入った鞄をカートに置き忘れたまま帰宅。翌日の出勤時に鞄がないことに気付いたが、自宅に忘れたと思い込みそのまま出勤し、帰宅後に紛失していることに気がついたという。

立ち寄った店に問い合わせを行ったが鞄は見つかっておらず、30日に警察へ紛失届を提出した。同保育所では、保護者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター