Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームの盗難アカウント、闇市場では300円以下から入手可能

マルウェアなどにより盗まれたオンラインゲームのアカウントは、闇市場において300円弱から取り引きされていることがわかった。

G DATA Softwareの研究機関がブラックマーケットでの取引動向などを調べたもので、海外ではほとんどのタイトルについて、アカウントが日本円にすると300円以下から入手可能だという。

また米Blizzard Entertainmentが提供する世界的な人気ゲーム「World of Warcraft」では、盗まれたIDが700円弱から最大でも4000円前後で取り引されていた。ゲームの数やキャラクターのレベル、アイテム数などにより値段が変動するという。

ゲームユーザーのなかには、パフォーマンスを優先させるため、ファイアウォールやセキュリティ対策ソフトを停止させたりするケースもあり、マルウェアに感染した場合、アカウントの盗難あど気がつかない間に被害に合っているという。

国内で人気があるタイトルについては、攻撃の対象とはなっていないものの、今後被害に遭わないようセキュリティ対策ソフトの設定状況など確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性