Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛先にメールアドレスを記載して誤送信 - 岐阜のCATV局

岐阜県でCATV局を展開するアミックスコムは、8月1日にメールの送信ミスが発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同日13時過ぎに串原CATVのサービス停止を知らせるメールを送信した際に、メールアドレスを宛先に設定したことから、受信者が関係ない他受信者のメールアドレスを確認できる状態になったもの。192件のメールアドレスが流出した。

送信直後に従業員がミスに気がつき、同日21時過ぎに謝罪のメールを送信した。今回の事故に関連してメールアドレスの変更を希望するユーザーに対して対応するという。また今後は同報メールの送信にあたり、専用ツールを導入するなど再発防止策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2009/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市