Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクテレコム、サイバー脅迫などの「DDoS攻撃」を防ぐ新サービス

ソフトバンクテレコムは、同社インターネットサービス「ULTINA Internet」の利用者向けに「DDoS攻撃」を検知し、防御する新サービスを7月1日より提供する。

今回提供を開始する「ULTINA Internet DDoS検知・防御サービス」は、大量のパケットを送りつける「DDoS攻撃」を検知や防御を実現するサービス。

あらかじめ設定した数値以上のアクセスが発生した場合、注意喚起を行うメールを指定のメールアドレスへ送信。希望に応じて攻撃発生時に全通信を停止する「ブラックホール機能」や特定の通信を制御する「フィルター機能」を提供する。

また「Cisco Guard」を導入しており、同機器を経由させ、正常な通信のみ利用者向けに流すことが可能。通信の統計情報を専用のウェブサイトやメールで確認できる。

月額利用料は10万5000円から。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も