Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットに対してDoS攻撃が発生 - 一時アクセス遅延も

さくらインターネットは、同社IPアドレスに対してDoS攻撃が発生し、一部サービスでアクセスの遅延が発生したと発表した。

6月29日14時過ぎから20分間にわたり、同社が所有するIPアドレスに対して大量のアクセスが発生したもの。今回のDoS攻撃のため、同IPを利用しているホスティングサービス「専用サーバ」「専用サーバエントリー」の一部でアクセス遅延といった影響が出た。すでに問題は解消しているという。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
広島県にDDoS攻撃 - 県や市町のウェブ閲覧や防災メール配信に影響
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起