Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用画像読み取り機器のソフトウェアに不具合 - 富士フイルム

富士フイルムの医療用の画像読み取り機器「FCR XG-1」「FCR XG-1V」にソフトウェアの不具合が見つかった。

同社によれば、まれにソフトウェアの不具合が原因で、センサの誤検出により搬送エラーが発生し、さらにそれが原因となって通信エラーが発生することがあるという。同エラー後に復旧したり再起動すると、メモリに残存する1件前に処理した画像をコンソールへ誤送信される。

同社では不具合を改善するためソフトウエアのバージョンアップを実施するとしており、ソフトウェアの準備を進めている。また今回の不具合に起因した健康被害は発生していないと説明している。

同社は、ソフトウェアを提供するまで不具合発生時に誤って画像が出力されていないか確認してほしいとユーザーへ呼びかけている。

富士フイルム
http://fujifilm.jp/

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン