Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員の個人情報を誤って社内研修資料に掲載 - パナソニックコミュニケーションズ

パナソニックコミュニケーションズは、取引先や同社従業員の個人情報を、社内研修資料に誤って掲載していたことを公表した。

同社によれば、2008年8月や2009年1月に実施した研修会において、参加者7人に対し配布した研修資料のCD-Rに、取引先と同社従業員の個人情報8人分が掲載されていたという。名字、ふりがな、携帯電話番号が含まれる。

さらに同資料は2009年6月12日まで社内ネットワーク上にも掲載され、一部の従業員に閲覧可能な状態となっていた。

同社によれば、資料作成時に電話帳のサンプルをダミーデータとして掲載すべきところを、誤って実在する電話帳データを利用したという。判明後、配布した資料をすべて回収し、ネット上に掲載されていた資料を削除した。また、漏洩の関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円