Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員の個人情報を誤って社内研修資料に掲載 - パナソニックコミュニケーションズ

パナソニックコミュニケーションズは、取引先や同社従業員の個人情報を、社内研修資料に誤って掲載していたことを公表した。

同社によれば、2008年8月や2009年1月に実施した研修会において、参加者7人に対し配布した研修資料のCD-Rに、取引先と同社従業員の個人情報8人分が掲載されていたという。名字、ふりがな、携帯電話番号が含まれる。

さらに同資料は2009年6月12日まで社内ネットワーク上にも掲載され、一部の従業員に閲覧可能な状態となっていた。

同社によれば、資料作成時に電話帳のサンプルをダミーデータとして掲載すべきところを、誤って実在する電話帳データを利用したという。判明後、配布した資料をすべて回収し、ネット上に掲載されていた資料を削除した。また、漏洩の関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
サイトで利用する製品レビューツールに不正アクセス - マウス
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県