Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のエンドポイントセキュリティサービス「Fiberlink」を提供 - サイバネット

サイバネットシステムは、企業が管理するPCやネットワークのセキュリティ対策機能を提供するSaaS型サービス「Fiberlink」を、7月1日より順次提供開始する。

同サービスは、米Fiberlink Communicationsが開発したSaaS形式のエンドポイントセキュリティソリューション。管理対象となるPCの設置場所や管理レベルに応じて、3つのメニューから選択できる。

「Control360」では、セキュリティソフトを監視して動作を管理するほか、OSのパッチやウイルス対策ソフトの定義ファイルをユーザーに代わって適用する。また、管理者向けのセキュリティレポート作成や、ハードウェア、ソフトウェア情報の収集にも対応。さらに、不正PCの接続を制限する検疫ネットワーク機能も搭載している。

一方「Mobile360」は、「Control360」の全機能をモバイル環境向けに提供するサービス。ダイアルアップからブロードバンド、携帯電話、PHSなど幅広い環境に対応。また「Visibility360」では、エンドポイントの状態を可視化し、イベントリ情報収集およびイベントリレポートを提供する。

100ユーザーあたりの月額利用料は、「Control360」が12万6000円。「Mobile360」が15万7500円。「Visibility360」が7万3500円。

(Security NEXT - 2009/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス