Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FIPS準拠のアプリケーションデリバリコントローラーを発売 - F5ネットワークス

F5ネットワークスジャパンは、FIPS 140-2 Level 2の認証を受けたアプリケーションデリバリコントローラー「BIG-IP 6900 FIPS準拠モデル」を7月より発売する。

同製品はアプリケーションのトラフィックをコントロールするネットワーク機器。暗号鍵とデータをハードウェアに格納、暗号化し、SSL通信でトラフィックを保護できる。SSLコネクション処理は2万トランザクション/秒が可能で、3.6Gビット/秒の暗号化通信に対応している。

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5