Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリ破壊防ぐC言語処理系の最新版 - RCIS

産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター(RCIS)は、メモリ操作の安全性を保証する「ANSI C言語」の処理系「Fail-Safe C Version 1.5」を公開した。

同プログラムは、メモリ操作の安全性を確保できる「ANSI C言語」に準拠した処理系。メモリにおける実行状態の破壊や乗っ取りなど防止できる。同センターのソフトウェアセキュリティ研究チームの大岩寛氏が開発したもので、2008年4月より正式公開版となるVersion 1.0が公開されている。

今回のバージョンアップでは標準関数への対応を強化したほか、「ARM」「MIPS」などサポートするプロセッサを追加した。実際の動作環境だけでなく、別のプラットフォームで開発が行える「クロス開発」に対応している。同センターでは引き続き開発を進める予定。

(Security NEXT - 2009/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見