Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で市民15人の氏名とアドレスを流出 - 横浜市水道局

横浜市水道局においてメールの誤送信が発生し、住民15人の氏名とアドレスが流出したことがわかった。

誤送信されたのは、「水のマイスター」として登録されている住民15人へ送った行事の案内メール。6月12日11時30分ごろ、担当者がほかの職員立会いのもと、メールの送信先リストを「BCC」欄に入力。しかし担当者が「宛先」欄に再入力して送信した。

同日13時40分、担当者宛てに確認メールが届いたことで送信法の誤りに気付いた。同局ではメールを送り直して謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼したという。

同局では、今回の誤送信について担当者がBCC機能について正しく理解できていなかったとし、今後は送信時のチェックシートを作成し、ダブルチェックを徹底するなど再発防止を実施するとしている。

(Security NEXT - 2009/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県