Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メーリングリストへ誤送信、返信で顧客情報がリストへ流出

レインボー・ジャパンは、誤ってメーリングリスト宛てにメール送信し、返信した顧客の個人情報が流出したと発表した。

同社が以前に年賀状を送付するために利用したクライアントメーリングリスト535人に対して、5月27日に誤ってテストメールを送信。顧客が送信されたメールへ返信したため、メーリングリスト上に顧客のメールアドレスのほか、従業員の個人情報が流出したという。

今回の個人情報漏洩に起因する被害は発生していないという。同社では事故原因について6月2日に発表する予定。

(Security NEXT - 2009/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ