Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Software Bladeアーキテクチャ搭載したセキュリティアプライアンスの新製品 - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティ管理アプライアンス「Check Point Smart-1」シリーズを発売した。

同シリーズは、「Software Bladeアーキテクチャ」を採用したアプライアンス製品。必要に応じて10種類のブレードを追加することにより、柔軟に機能を拡張できるのが特徴で、IPS、モニタリング、ネットワークやエンドポイントのセキュリティポリシーの一元的管理など実施することが可能。

150台以上のゲートウェイを利用する大規模企業向け製品の「Smart-1 150」をはじめ、規模に応じて利用できる「Smart-1 50」「Smart-1 25」「Smart-1 5」の4製品をラインナップ。最上位モデルの「Smart-1 150」ではログ用のストレージとして最大12Tバイトまで拡張することが可能。

また「Smart-1 150」 「Smart-1 50」には「Check Point Provider-1」が搭載されており、複数サーバのデータを統合し、マルチドメイン管理を行うことができる。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU