Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソフトにUSB機器の制限機能を追加 - ハミングヘッズ

ハミングヘッズは、情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム evolution /SV」に、USB機器からの情報漏洩を防止する新機能を搭載した。

同製品は、ファイルの自動暗号化による漏洩防止機能と、PCの操作履歴を取得するログ機能を搭載した情報漏洩対策ソフト。重要ファイルの持ち出しやコピー、書き込み、印刷などを制限することで内部からの情報漏洩を防止するほか、クライアントPCの操作ログや管理者の設定ログなども取得できる。

今回、新機能として「USBの接続制限機能」および「USBの接続・切断履歴出力機能」をあらたに搭載。USBメモリのほか、USB接続のハードディスク、光ディスク、フロッピーディスク、MOを「メーカー名」「型式」「個体番号」「ユーザー名」「マシン名」などを条件に接続を制限できる。

また、接続が許可された場合には「接続/切断履歴」を取得し、制限された場合には「禁止操作履歴」を取得。操作日時やユーザー名、マシン名などをログとして残すことで、ファイルがどこから持ち出されたか特定することができる。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス