Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全ファイルにアクセス可能となる「WebDAV」の脆弱性に注意 - NTTデータ・セキュリティが注意喚起

NTTデータ・セキュリティは、マイクロソフトが提供するウェブサーバ「インターネットインフォメーションサービス(IIS)」における「WebDAV」機能の脆弱性について注意を呼びかけている。

「同6.0」における「WebDAV」機能でUnicode処理に問題が見つかったもの。「WebDAV」機能を有効にしている場合、「WebDAV」のディレクトリはもちろん、ファイル名がわかっている場合は、認証設定したページも含め、ウェブサーバ上のすべてのファイルへ認証なしにアクセスが可能となる。

NTTデータ・セキュリティは、実際に検証用システムを用意し、ファイルを取得できることを確認した。修正プログラムは19日の時点で用意されておらず、マイクロソフトでもアドバイザリを公表している。

NTTデータ・セキュリティでは今回の検証結果を受け、「WebDAV」機能を無効にするよう注意喚起を実施。また意識せず同機能が稼働させているケースも見られることから、あらためて確認を行うよう注意を促している。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み