Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールやウェブ閲覧などすべてのパケットを記録するフォレンジックサーバの新製品 - オーク情報システム

オーク情報システムは、ネットワークフォレンジックサーバ「NetEvidence」シリーズの新製品「NetEvidence Ax」を発表した。

「NetEvidence」は、ネットワーク上のパケットを記録、解析し、長期間保存するアプライアンスサーバ。メールの送受信やウェブの閲覧データなどそのまま保存できるため、不正行為の抑止や情報漏洩発生時の原因調査に利用できる。

従来の「NetEvidence」シリーズでは、サーバとバックアップ装置がそれぞれ2台ずつで構成されるが、今回発売となる「NetEvidence Ax」では、サーバ1台から利用することが可能。データベース構造を再設計し、検索処理の高速化したほか、検索手順の簡素化や絞り込み検索機能などがあらたに追加されている。

価格は最小構成で300万円台から。ユーザー規模や通信量に応じて複数のバリエーションを展開する予定。

(Security NEXT - 2009/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ