Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフト、ハードの両方で暗号化するUSBメモリを発売 - ハギワラシスコム

ハギワラシスコムは、ソフトウェアおよびハードウェアによる暗号化機能を搭載したUSBメモリ「Password Locker AES」を発売した。

同製品は、利用するPCへソフトウェアをインストールせずに、データを暗号化して保存するUSBメモリ。同シリーズでは、1Gバイト(3400円)をはじめ、16Gバイトまで容量の異なる5製品を用意している。

同製品は、パソコンのUSBポートへ接続すると、Windows向けパスワードロックソフト「Password Locker」が自動立ち上がり、パスワード入力画面を表示。AES 128ビットによる暗号化を行った上でデータを保存することが可能。さらにメモリチップ上へ書き込みを行う際にもハードウェアによりAES 256ビットの暗号化が行われる。

不正アクセスを防ぐためパスワードの入力回数制限を設けており、入力を5回誤ると初期化しなければ利用できなくなる。また指定したパソコン以外に接続された場合、読み出し専用モードで動作するため、USBメモリ経由のウイルスの侵入を防止できるという。

ハギワラシスコム
http://www.hscjpn.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集