Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市税の納付済証明書16件が所在不明に - 茅ヶ崎市

茅ヶ崎市は、市税の「納付済証明書」16件が、収納業務を委託している金融機関において所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、法人4社、個人9人の「納税済証明書」。氏名、通知書番号、納税額が記載されており、法人分の通知書には所在地の住所も含まれる。2月20日、市税を収納した三井住友銀行東京公金センターが、横浜銀行茅ヶ崎支店へ通知書を郵送。しかし同支店では受領を確認できず、所在不明となった。

同市では、対象となる法人および個人に説明と謝罪を行い、通知書の原本を利用して収納済の事務処理を行った。今後は、金融機関の間で書類を郵送する際には、すべて書留郵便で行うとしている。

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も