Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードローン利用明細を送付ミス、他人の明細が混入 - 八十二銀

八十二銀行は、顧客590人へ郵送したカードローンの取引明細に、委託先の人為的ミスが原因で関係ない別の顧客の明細が混入していたことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、顧客の氏名、住所、カードローン口座番号、カードローン取引履歴などが記載されている「カードローン取引照合表」。3月12日に照合表を受け取った複数の顧客から別人の照合表が混入しているとの連絡があり、問題が判明した。

同行では、照合表の印刷や封入、発送処理を日本IBMに委託しており、同社ではさらに小林クリエイトへ再委託していた。同行の調査によれば、再委託先の担当者が封入する機械の操作を誤ったため、別人の照合表が混入、そのまま発送されたという。

同行では誤送付の対象となった顧客を個別に訪問して、事情を説明て謝罪し、照合表を回収した。590人のうち、210人に関しては未開封のまま回収することができたという。また、情報の不正利用など二次被害の連絡も受けていないとしている。

(Security NEXT - 2009/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区