Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無人となった30分間に医局からノートPC盗まれる - 済生会

済生会滋賀県病院において、3月5日にノートPCの盗難事件が発生した。盗まれたPCには患者の個人情報が保存されていたという。

医局にある医師の机上に置いてあったノートパソコンが所在不明となっているもので、45人分の個人情報が保存されていた。氏名や生年月日、病名、入院期間、身体状況などを含む研修症例レポート31人分をはじめ、手術レポート11人分、病理報告書3人分などが含まれており、患者の氏名のほか診療情報が含まれる。

医師は13時に医局を離れたが、その後もほかの医師が在室しており、無人となった15時半ごろから医師が戻る16時までに盗まれたと見られている。

同院では今回の盗難事件の発生を受け、施錠管理の徹底やパソコンのパスワード設定など対策を実施する。また関連する患者に対して文書で謝罪と説明を行っている。

済生会
http://www.saiseikai.or.jp/

(Security NEXT - 2009/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増