Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要度「最高」3件を含む5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.0.7」

Mozillaは、重要度「最高」3件を含む5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.0.7」を公開した。

今回の修正では、ブラウザエンジンの脆弱性によりメモリ破壊が発生し、任意のコードが実行される脆弱性「MFSA 2009-07」を解消。また同様に遠隔でコードが実行されるおそれがある「PNGライブラリ」の不具合「MFSA 2009-10」を対処した。

またXUL DOM要素の不適切なメモリ管理により、破棄されたオブジェクトへアクセスすることでブラウザがクラッシュする問題「MFSA 2009-08」が解決されている。そのほか、クロスドメインリダイレクトによるXMLデータの不正な読み取りや、不可視制御文字を用いたURL偽装といった問題へ対応した。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サードパーティ製ソフトに起因する脆弱性7件を修正 - Atlassian
「MS Edge 124」がリリース、脆弱性17件を修正
「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性