Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自アルゴリズムを採用したHDD全体を暗号化するソリューション - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、ハードディスクの暗号化ソリューション「Drive Protector Advance」を発売した。

同製品は、パソコン内部のハードディスク全体を暗号化できるソリューション。専用のUSBメモリをパソコンに接続するだけで自動的に暗号化や複号化を行い、導入時にサーバの設置などは不要。

同社独自開発のアルゴリズムを採用しており、乱数化や復元の処理は従来の暗号化技術と比較して高速だという。またデータはPCとUSBメモリに分割して保存し、両方揃わない限り解読できないため、どちらか一方を紛失した際にも情報漏洩を防止できる。

価格は1台あたり27万円程度で導入する規模により変化する。今後同社では対応するPCの機種やOSの追加やICカード、指紋認証への対応も予定している。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック