Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム開発で利用できる「疑似個人情報」 - カード番号と口座番号を追加

People to People Communicationsは、統計データをもとに作成した架空の個人情報「疑似個人情報 ver.2」の提供を開始した。

同サービスは、氏名や住所、生年月日などの統計データをもとに、架空の個人情報「疑似個人情報」を作成、提供するもの。システム開発においてテストデータやダミーデータとして利用することができ、漏洩などが発生した場合にも実被害を防ぐことができる。

今回発売された最新版では、架空のクレジットカード番号と銀行口座番号を追加。生成されるカード番号は、番号が正しいかどうかをチェックする数字「チェックディジェット」が誤っているため、実際に利用することはできない。また口座番号は実在しない銀行の番号を利用しているため、漏洩しても被害が発生するおそれはないという。

価格はデータ10万件あたり3万円。専門サイトを通じて販売される。

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能