Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール配信ミスで顧客のアドレスを流出 - 中古ブランドのネットショップ

中古のブランド衣料や装飾品を販売するオンラインショップ「RAGTAG Online」において、メール配信ミスが発生し、顧客情報1758件が流出した。

同サイトを運営するティンパンアレイによれば、2月8日に配信した新着商品の案内メールにおいて設定の人為的ミスが発生。ショップに携帯アドレスで会員登録している顧客最大1758人の氏名とメールアドレスが、同メールに記載された状態で送信された。

同社では、対象となる顧客に対しメールで説明と謝罪を行った。また、ショップからの案内メールについては当分の間配信を自粛するとしている。

(Security NEXT - 2009/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社