Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲートウェイ型メール暗号化製品の特別パッケージを提供 - 日本PGP

日本PGPは、ゲートウェイ型メール暗号化製品に管理機能を組み合わせた特別パッケージ「PGP Gateway Email Enterprise」を発売した。

同製品は、ゲートウェイ型メール暗号化製品「PGP Universal Gateway Email」に管理機能を組み合わせたもの。ゲートウェイ上で公開暗号鍵方式によるメールの暗号化が可能。

ブラウザによるSSL通信や暗号化PDFメール配信など、複数の通信手段を提供し、暗号化ツールを導入していない受信者とも、暗号化メールの送受信ができる。

価格は、101ライセンス以上で1メールアカウントの年間ライセンスが7245円から。暗号化PDFメール配信機能のみに限定した「PGP PDF Messenger」も用意されており、価格はオープン。

(Security NEXT - 2009/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ