Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のMSセキュリティパッチは4件 - 公開日は祝日のため注意必要

マイクロソフトは、2月の月例セキュリティ更新プログラムについて公開予告を行った。今月は公開日が祝日にあたる11日に予定されている。

公開が予定されているのは、深刻度が「緊急」とされている「Internet Explorer」「Exchange」向けの修正プログラム2件を含む4件。残り2件は「Microsoft SQL Server」「Visio」に関するもので、これらも深刻度は「重要」に設定されている。4件いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

セキュリティ更新プログラムの公開予定日は11日を予定している。日本国内では「建国記念の日」による祝日だが、米国カレンダーを基準に公開されるため適用にあたっては注意が必要。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2009年2月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み