Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アラート機能とトレース機能を搭載したPCログ取得ツールの最新版 - クオリティ

クオリティは、アラート機能やトレース機能をあらたに追加したクライアントPC操作ログ取得ツール「QOH(Quality Operate Hawkeye) Ver.2.0」を発売した。価格はオープン。

同製品は、クライアントPCの操作ログを取得するツール。プロセス起動やドキュメントアクセス、ウェブアクセス、メール送受信、ファイルやプリンタの操作など、11種類の操作ログを取得することができる。

最新版では、あらかじめ設定した社内ポリシーに違反した行為を検知した場合、管理者とユーザーに通知するアラート機能があらたに搭載された。

また、指定したキーワードから複数のログを検索し時系列に表示するトレース機能や、コンソールを利用してログを閲覧したシステム管理者の記録を残す「コンソール操作ログ取得機能」を追加した。

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋