Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLAS3上でメールの添付ファイルを自動暗号化するソフト - ターボリナックス

ムービットは、メールのセキュリティ対策を強化する「Powered BLUEメールプラススピリット」を1月20日より発売する。

同製品は、「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応するメールのセキュリティ対策ソフト。サーバ上で添付ファイルをパスワード付きZIPファイルに変換できるほか、添付ファイルのみをサーバ上で保管してダウンロード先URLを通知することが可能。また添付ファイルの削除や、添付ファイル付きメールのブロック、通常送信などの処理を行うこともできる。

オープンソース管理ツール「BlueQuartz」のウェブ管理画面から一元管理することが可能。価格は100ユーザーの場合、94万5000円から。3月31日までキャンペーン価格で提供される。

(Security NEXT - 2009/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ