Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ関連被害の実態調査を実施 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構(IPA)は、企業や自治体を対象に情報セキュリティに関する実態調査を実施している。アンケート調査票が届いた場合は、郵送やウェブサイト経由で回答してほしいとアナウンスしている。

同調査は、企業における適切な対策レベルを設定するための有益な手法について検討するため、情報セキュリティ関連被害実態や情報セキュリティ対策の実施状況について調べているもの。

回答できるのはアンケート調査票を郵送で受け取った場合に限られるので注意が必要。調査結果は、2009年5月ごろに同機構サイトで公開する予定だという。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強