Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県、不正アクセスでメール盗聴した職員を処分 - スパイウェアも活用

三重県は、不正アクセスにより他職員宛てのメールを盗み見ていた職員など、複数の職員に対して懲戒処分を行った。

同県によれば、政策部土地・資源室の課長補佐級職員が、2005年10月にユーザーIDやパスワードを不正に利用し、メールを受信できるよう設定の変更を行っていたもの。今年7月までの約3年間にわたり、同県庁のサーバから特定の職員に届くメールを盗み見ており、不正アクセス法違反で略式命令を受けている。

さらに同職員は、2006年4月にキー操作や画面の表示内容を記録する不正プログラムを他職員のパソコンにインストールし、情報を盗み見ていたという。同県では問題の職員に対して1カ月の停職処分とし、当時の監督者に対して文書による注意処分を行った。

また同県では、今年5月に勤務中などに出会い系サイトの退会処理やアダルトサイトの閲覧など私的にPCを利用していた農水商工部農業研究所の課長補佐級職員に対して、停職2カ月の懲戒処分を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合