Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール経由の漏洩を防止する米Code Green NetworksのDLP製品を発売 - アイティフォー

アイティフォーは、米Code Green Networksの情報漏洩対策ソリューション「DLPアプライアンス」を発売した。

同製品は、メールによる情報漏洩を防止するDLPソリューション。送信メールの本文や添付ファイル内のデータを検証、機密情報が含まれていた場合は送信を遮断し、送信者に対して警告を行う。

ファイルサーバに格納された機密文書の文字列をハッシュ化した上でデータベースとして保存し、送信メール内のデータとの照合を行うことで漏洩を防止するしくみで、ファイルサーバへソフトウエアなどをインストールせずに導入することができる。

価格は、2000ユーザーの場合1500万円から。同社では、「プログラムソースコード」を保有するソフトウエア会社をはじめ、製造業やクレジットカード会社など漏洩対策が必要とされる事業者へ拡販を目指す。

(Security NEXT - 2008/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸