Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が顧客情報記載の「工事完了書」を紛失 - 京都のCATV会社

KCN京都は、工事の委託先において、顧客情報が記載された書類21件の紛失が発生したことを明らかにした。

所在が不明となっているのは、「工事完了報告書」21件。顧客21人の氏名、住所、電話番号のほか、加入種別や印影なども含まれる。10月20日に工事の3次請負会社が同社へ書類を搬送する途中で紛失したとみられている。

同社では、対象となる顧客に個別に説明と謝罪を行うなど対応を進めている。今後は再発防止に向けて、再委託先も含めた委託、協力会社すべてに対し、管理監督の徹底を図るという。

(Security NEXT - 2008/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会