Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インデックス、モバイルセキュリティソリューションを提供 - ウェブアプリの脆弱性診断も開始

インデックスは、Windows Mobile向けセキュリティ管理ソリューション「Smart Phone Policy Manager」やウェブアプリの「脆弱性診断サービス」の提供を開始した。

「Smart Phone Policy Manager」は、Windows Mobile端末のセキュリティ管理や内部統制が行えるセキュリティソリューション。セキュリティポリシーの一括管理、端末の操作ログ収集、緊急時のリモートロックやデータ消去など、情報漏洩防止や端末管理などを実現する。

ソフトウェアライセンスの提供に加え、ASPによる利用も可能で、運用環境に応じて選択できる。12月末日申込みまでの100社限定で、無料試用サービスを提供している。

脆弱性診断サービスは、おもにモバイルサイトの脆弱性を診断して月次レポートを提供するもの。クロスサイトスクリプティングとSQLインジェクションに特化した診断を実施する。1ドメイン年額48万円から。PCサイトにも対応している。

(Security NEXT - 2008/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC