Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

147万件の自動車重量税納付書を誤廃棄 - 関東運輸局

国土交通省関東運輸局は、2003年から2004年までの自動車重量税納付書を誤って廃棄したと発表した。

同局が自動車の登録や検査関連の書類について検査を実施したところ、東京運輸支局の練馬や多摩、八王子の自動車検査登録事務所において、自動車重量税納付書147万1247件の誤廃棄が判明したもの。もっとも誤廃棄多かったのは多摩自動車検査登録事務所で、795日分99万5023件を誤廃棄していた。

同書類は、5年間の保存期間が設けられており、いずれも満了前だったが、期限が経過した書類とともに誤って処理してしまったという。納付確認作業は完了しており、溶解処理を行っているため個人情報の流出もないと同局では説明している。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市