Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、SunのJava環境をウイルスと誤検知 - 現在は解消済み

トレンドマイクロは、15日に公開した同社ウイルス対策製品向け定義ファイルに不具合があり、誤検知が発生したことを明らかにした。すでに問題は解消されている。

問題が発生したのは、10月15日に公開した「5.599.00」「5.599.50」。ウイルスバスターシリーズをはじめ、コンシューマー向けや企業向け製品に配布されている。適用した場合は、ウイルス感染が発生していないにもかかわらず、サンマイクロシステムズの「Java Platform SE 6」のモジュールについて「TROJ_FAKEAV.MCS」として検知するという。

同日23時ごろに公開した「5.601.00」や翌日未明に公開した「5.601.50」で不具合を解消。隔離や削除を行った場合、ソフトを起動できないなど問題が生じるため、同社では隔離したファイルの復元方法などを案内している。

ウイルスパターンファイル 5.599.00における誤警告情報
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1154

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西