Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ対策を強化したウイルス対策製品 - 日本F-Secure

日本エフ・セキュアは、企業向けセキュリティソリューション「F-SecureアンチウィルスクライアントセキュリティVer.8.0」と「F-Secureアンチウィルスワークステーション版Ver.8.0」を発売した。

同製品は、企業内のクライアントにおいてウイルスやスパイウェア対策、ファイアウォール、不正侵入の防止などを実現するセキュリティソリューション。アプリケーション制御も可能で、セキュリティ設定など集中管理できる「F-Secure ポリシーマネージャ」が用意されている。

最新版では、未知の脅威へ対応する不正侵入防止技術の新バージョン「ディープガード 2.0」を搭載。振る舞い検知に加え、ホストベースでリアルタイムに対応する「HIPS」を採用しており、最短60秒で不正プログラムの情報が共有されるなど、スピーディな対応を実現したという。

またキャッシング技術の見直しなどスキャンエンジンの改良を行い、処理速度やメモリ使用量などパフォーマンスの向上を目指した。そのほか、IPV6、Windows Vista 64ビットに対応している。

(Security NEXT - 2008/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現