Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12日に大和証券で発生したシステム障害の原因が明らかに - 18日に再び障害も

大和証券は、9月12日朝に約30分にわたり株式の注文などが行えなくなったシステム障害について原因を公表した。

商品の制度変更にともない「制御系プログラム」を変更したが不具合があり、株式に共用していたことから株式の受注データを処理できなくなったという。

同社では問題が生じた「制御系プログラム」の点検を実施し、今回不具合が生じたプログラム以外に問題がないことを確認。また不具合があったプログラムは15日に修正し、16日から稼働を再開した。

同社では今回の事故を受け、管理の徹底や監視体制の強化を実施。また商品の不具合が株式へ影響しないシステムの運用など見直しを行う。また障害時間中に影響のあった注文について調査をしており、関連する顧客へ連絡しているという。

一方で同社では18日にも17時30分ごろから22時45分ごろまで夜間のオンライントレード取引や予約注文の発注、設定の変更、残高照会といったサービスで障害が発生。原因について調査を進めている。

大和証券
http://www.daiwa.jp/

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を