Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤配達により生活保護受給者の個人情報が流出 - 静岡市

静岡市は、郵便事業の誤配達により生活保護受給者の個人情報が流出したと公表した。

同市が、受給者に対して生活保護費の変更を知らせる保護変更決定通知書を8月27日に郵送したところ、郵便事業により同じアパートの別人に配達され、誤って開封されたという。

同通知書には、氏名や住所、生活保護の支給額など個人情報が含まれており、同市では受給者や誤配達された住民に対して謝罪。情報の保護を依頼した。

同市では、郵便事業へ以前から誤配達の防止について再三にわたり申し入れているという。また今回の事故再発を受け一層厳重な注意を払うよう要請した。

静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/

(Security NEXT - 2008/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始