Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スキャン時間の短縮やアプリケーション監視を強化した「Kaspersky Internet Security 2009」

ジャストシステムは、露Kaspersky Labsが開発したセキュリティ対策ソフトの最新版「Kaspersky Internet Security 2009」を10月3日より販売する。

同製品では、あらたに開発された新アルゴリズムのエンジンを搭載。これにより、従来版に比べて起動時間を約40%短縮した。さらに完全スキャン時間を初回時で約30%、さらに2回目以降で約86%短くなったという。また定義ファイルの更新間隔も短縮され、約45分に1回の割合で提供される。

新機能「アプリケーションフィルタ」によりアプリケーションの監視を効率化。アプリケーションの最初の実行時にホワイト、ブラックリストで照合し、独自のアクセスコントロール技術で安全から危険まで4段階のカテゴリに分類する。分類レベルに基づいてアプリケーションの振る舞いを監視することで、警告表示の回数を削減した。

このほか、OSや、Acrobat、iTunesなどのアプリケーションにおける脆弱性をまとめてチェックする「セキュリティ診断」や、IEの脆弱性をチェックする「Webブラウザ診断」、IDやパスワード入力の際にソフトウェアキーボードが利用できる「セキュリティキーボード」、インスタントメッセンジャーのリアルタイム監視、システム復元機能などのセキュリティ機能を搭載している。

またウイルス対策や監視機能「プロアクティブディフェンス」、侵入検知システムなどに機能を絞った「Kaspersky Anti-Virus 2009」も用意している。

(Security NEXT - 2008/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能