Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS

BBソフトサービスは、セキュリティ対策ソフト「詐欺ウォール(Internet SagiWall)」の新版を直販サイトで販売開始した。

同ソフトは、ブラックリストやヒューリスティックにより、詐欺サイトを検知するセキュリティ対策製品。ブラウザ利用中に危険なサイトを検知するとアクセスをブロックする。

新版では、「Windows」の標準ブラウザとなる「Microsoft Edge」へ対応。「macOS」における「Safari」や「Google Chrome」向けのプラグインを用意した。

Android向けに提供されている「Instagram」や「Facebook Messenger」「Skype」のアプリ内ブラウザによる検知、ブロックが可能となった。

価格は、3台で1年間利用できるダウンロード版は3080円(税込み)。パッケージ版も用意している。

(Security NEXT - 2019/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委