Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS

BBソフトサービスは、セキュリティ対策ソフト「詐欺ウォール(Internet SagiWall)」の新版を直販サイトで販売開始した。

同ソフトは、ブラックリストやヒューリスティックにより、詐欺サイトを検知するセキュリティ対策製品。ブラウザ利用中に危険なサイトを検知するとアクセスをブロックする。

新版では、「Windows」の標準ブラウザとなる「Microsoft Edge」へ対応。「macOS」における「Safari」や「Google Chrome」向けのプラグインを用意した。

Android向けに提供されている「Instagram」や「Facebook Messenger」「Skype」のアプリ内ブラウザによる検知、ブロックが可能となった。

価格は、3台で1年間利用できるダウンロード版は3080円(税込み)。パッケージ版も用意している。

(Security NEXT - 2019/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート