Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報など記録したフロッピーが職員室内で所在不明に - 平塚江南高

神奈川県は、生徒の個人情報の入ったフロッピーディスクを平塚江南高校の教諭が紛失したと発表した。

同教諭は、7月上旬ごろに3年生の定期テストに関するデータをフロッピーに保存。職員室内の貴重品ボックスに保管し、その後7月中旬から8月中旬にかけてに他のフロッピーとともに利用し、作業を行っていたが、8月25日に紛失に気が付いた。

フロッピーは施錠管理されていたが、利用時に複数のフロッピーを利用したものの枚数などを確認しておらず、管理に関する注意喚起を受けて確認を行うまで紛失に気が付かなかったという。データにパスワードなどは設定されていなかった。

フロッピーに保存されていたデータは、2007年度の2年生に関する数学の定期テストの点数や評価など254人分の個人情報。さらに2008年度に数学を履修した3年生118人分の成績が含まれる。紛失したデータについては、教育委員会ネットワークのサーバにも保管されていた。

同校では、保護者に対して文書で謝罪し、説明会を開催。また県教委では、USBメモリ、フロッピーディスクなどの記録媒体の内容について、管理職による全教職員の確認などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委