Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、セキュリティ事業の拡大目指してIWIのTOBを実施

大日本印刷(DNP)は、ジャスダックに上場しているインテリジェントウェイブ(IWI)を連結子会社化するとしてTOBを実施している。

IWIの発行済み普通株式の52.02%にあたる12万8369株を上限に公開買付けを実施するもので、買付け価格は1株あたり2万9740円。買付け期間は8月20日から9月18日までで、DNPでは公開買付け後も上場を維持する方針。

大日本印刷とインテリジェントウェイブは、従来よりオフィスセキュリティやシステム開発で協業しており、セキュリティ事業の拡大などを目的に2007年11月から資本提携を検討してきたという。インテリジェントウェイブでは、18日に取締役会で企業価値を向上させるものとして今回のTOBに賛同を決議している。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

インテリジェントウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似