Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、セキュリティ事業の拡大目指してIWIのTOBを実施

大日本印刷(DNP)は、ジャスダックに上場しているインテリジェントウェイブ(IWI)を連結子会社化するとしてTOBを実施している。

IWIの発行済み普通株式の52.02%にあたる12万8369株を上限に公開買付けを実施するもので、買付け価格は1株あたり2万9740円。買付け期間は8月20日から9月18日までで、DNPでは公開買付け後も上場を維持する方針。

大日本印刷とインテリジェントウェイブは、従来よりオフィスセキュリティやシステム開発で協業しており、セキュリティ事業の拡大などを目的に2007年11月から資本提携を検討してきたという。インテリジェントウェイブでは、18日に取締役会で企業価値を向上させるものとして今回のTOBに賛同を決議している。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

インテリジェントウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施