Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ分析やポリシー違反監視をSaaS形式で提供 - オージス総研ら

オージス総研とさくら情報システムは、ログの分析と監視をSaaS型サービスで提供する「Can査ぽーと」を開始する。

同サービスは、両社協業による「ITマネジメント・トータルサポート」の第1弾として提供すもので、さくら情報システムのログ分析パッケージ「PowerAudit」をベースに、ログの分析および監視サービスをSaaS形式で提供するもの。

同サービスでは顧客のログをオージス総研データセンターに転送し、企業のセキュリティポリシーに沿って分析。フィルタリングにより不正に繋がる兆候のログを切り分け、脅威レベルに応じて表示する。

結果は専用のウェブ画面から確認でき、人事情報と組み合わせて違反者の特定が可能。ワークフロー機能により違反者に対する事情説明の要求なども行える。またログ監視の状況をまとめるレポート作成機能も備えた。

価格は、初期費用が70万円から。月額利用料金は、100Gバイトまでのログ管理を行う標準モデルで18万円から。

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術