Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイリングした職業訓練申込書が所在不明に - 雇用・能力開発機構

雇用・能力開発機構において、個人情報が記載された「公共職業訓練申込書」6件の紛失が判明した。

所在が不明となっているのは、同機構和歌山センターが民間の教育訓練機関に委託している公共職業訓練の申込書6人分。申込者の氏名、住所、電話番号、生年月日、雇用保険支給番号のほか、希望する訓練に関する情報などが記載されていた。

7月16日に同申込書をファイリングして保管したが、18日にファイルを確認したところ6人分がなくなっていたという。保管場所の周辺やシュレッダーの内部などを捜索したが見つからなかった。

同センターでは、16日から17日にかけて不要書類の廃棄を行っており、その際に誤って処分した可能性が高いとしている。対象となる申込者には、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2008/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK