Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、仮想化技術の導入を支援するラボを設立

シマンテックは、仮想化ソリューションの検証や体験が行える「仮想化ソリューションラボ」を開設する。

同施設は、同社製品の仮想化関連機能を国内で検証するため、技術検証を実施している日本法人「ジャパンエンジニアリングセンター(JEC)」内に設立したもの。データ保護やエンドポイント管理、ストレージといった仮想化技術に対する需要へ対応するのがねらい。

同施設では、技術検証だけでなく、「Symantec Backup Exec System Recovery」や「Veritas Netbackup」など、仮想化環境のバックアップソリューションをはじめ、仮想化技術に対する需要を持つ顧客へ導入を支援。またセミナーなど、デモンストレーションにより同技術を体験できる場を提供する。

(Security NEXT - 2008/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円