Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、仮想化技術の導入を支援するラボを設立

シマンテックは、仮想化ソリューションの検証や体験が行える「仮想化ソリューションラボ」を開設する。

同施設は、同社製品の仮想化関連機能を国内で検証するため、技術検証を実施している日本法人「ジャパンエンジニアリングセンター(JEC)」内に設立したもの。データ保護やエンドポイント管理、ストレージといった仮想化技術に対する需要へ対応するのがねらい。

同施設では、技術検証だけでなく、「Symantec Backup Exec System Recovery」や「Veritas Netbackup」など、仮想化環境のバックアップソリューションをはじめ、仮想化技術に対する需要を持つ顧客へ導入を支援。またセミナーなど、デモンストレーションにより同技術を体験できる場を提供する。

(Security NEXT - 2008/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表